ノートパソコン激安店で欲しい商品をゲット|お得なサービス利用術

ブルーレイのコピー方法

ネットワーク

個人向けブルーレイデュプリケーター

ブルーレイデュプリケーターって言葉、デュプリケーターとあるのでコピーをするものだとは直ぐにわかりました。「それでブルーレイと付くのだからブルーレイ専用コピー機なんだな」と。で、「業務用機械なんて売っているんだ」と思ったら、個人向けとか書いてあります。正直ちょっとびっくりしました。みんなそんなにブルーレイってコピーするのでしょうか。私なんかは撮ったらそれっきりです。もしかしてメディアのバックアップに使うのですかね。そんな風に考えましたがもしかしたらこのブルーレイデュプリケーター、個人向けと言うのは名前だけで、小さな企業向けかも知れません。そう考えるとちょっと納得はいきます。個人で大量にブルーレイのコピーが必要な状況はちょっと私にはわかりません。

改めて検索してみると

それで、時間があった時ちょっと検索したのですよ。ブルーレイデュプリケーターのキーワードで。そしたら個人のブログに行き当たりました。いやあ、使っている人は使っているのですね。そういう人って映像は倍速再生が普通とかなのでしょうか。私は作業中とかに映像を流すと気が散るたちですが、映像を流した方が作業が捗るとか言う人もいますし、そういった方なのかも。ブログには使い道までは書いて無かったので勝手に想像するだけですが、もしかして見る側では無く撮る側ですかね。ああ、ならブルーレイデュプリケーターも悪くないというか無いと困るでしょう。メディアに一つ一つなんて作業、単純作業のくせにもの凄く時間がかかりますから。しかし、手間や時間をかけたくないという人や作業を行なう暇がないという人は専門業者に依頼して作成することが可能であるため、依頼してみるとよいでしょう。